よろず評論サークル「みちみち」

●既刊紹介

『カメラ小僧の裏話』シリーズ 『撮影技術の基礎知識』シリーズ 『女装男子研究本』シリーズ 番外企画本 コミケ会場限定配布(絶版)
C91発行 『撮影技術の基礎知識 Vol.3』
『撮影技術の基礎知識 Vol.3』表紙

発行誌名 撮影技術の基礎知識 Vol.3
発行年月日 2016年12月31日 コミックマーケット91 初版
2017年2月1日 第二版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 のの
誌面デザイン のの
概要  C89で配布した「撮影技術の基礎知識 Vol.2」の続編にあたるものです。 普通の写真入門書には書かれていないような「撮影の考え方」を中心とした技術解説の評論文。 三部作の完結編となる今回は「出力について」がテーマであり、ちょっと普通とはやり方の違うカラーマネジメントの話です。
 通常のカラーマネジメントでは、パソコンモニタやプリンタ、印刷物同士で「正しく同じ色が出る」ことを目的としています。 パソコンモニタ上で「どぎつい赤」が表示されていても、印刷物では大抵その色を出すことができません。 印刷物で表示できる色の範囲をパソコン上で確認しながら、そこに収まるよう色の調整を行います。 その「表示できる色の範囲」を示すものがカラープロファイルであり、それを活用することが一般的なカラーマネジメントです。
 ところが、そのカラープロファイルが「世の中の様々なパソコンモニタで最低限表示可能な色の範囲」だったり 「世の中の様々なインクジェットプリンタで最低限表示可能な色の範囲」だったり 「世の中の様々な印刷会社の、様々なインクの、様々な紙で最低限表示可能な色の範囲」だったりすると、 ものすごく狭い範囲となってしまいます。 実は一般的に広く使用されているsRGBやJapan Color 2001 Coatedがそれに該当しており、今回の新刊ではそれを問題点と指摘しています。 パソコンモニタ、スクリーン、テレビ、スマホごとに表示できる色の範囲は違いますし、 印刷であればプリンタやインクや紙が違えば、表示可能な色の範囲は逐一変わってくるはずです。 その範囲は最大限活用して表現をするべきである、というのが今回の内容です。
目次 はじめに
目次
第七章 撮るだけでは写真は完結しない
  ・デジカメは写真機として不完全である
  ・デジカメで撮影したデータは、それ単独では鑑賞できない
  ・鑑賞媒体は撮影時に決定していなければならない
第八章 画像データを鑑賞媒体で表示する方法
  ・具体的にデジカメ以外何が必要なのか
  ・カラーマネジメントと規格
  ・鑑賞媒体の表現色域に画像データを合わせるには
  ・出力に必要な画像処理
第九章 ディスプレイ系表示媒体で鑑賞する場合の留意点
  ・テレビやPCの画面で鑑賞する場合
  ・iPadやAndroidPad等で鑑賞する場合
第十章 紙媒体に出力する
  ・写真屋さんでデジタル銀塩プリントしよう
  ・インクジェットプリンタで出力する
  ・オンデマンド印刷(カラーレーザープリンタ)での出力
  ・印刷出力とは?
第十一章 印刷原稿作成の留意点
  ・印刷原稿について述べるためには、まず昔話をしなければならない
  ・ディスプレイの色合わせ
  ・CMYKの色合わせ(印刷インキの設定)
  ・印刷用の原稿の計画を立てる
  ・印刷原稿を作る
  ・印刷原稿の管理
第十二章 出力した写真について、その後の末路を考えてみる
  ・媒体には寿命がある
  ・紙に出力しなければ写真ではないのだよ!
おわりに
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・オフセット誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C90発行 『カメラ小僧の裏話11 パソコンなんてもう古い スマホ世代のカメラ小僧』
『カメラ小僧の裏話11 パソコンなんてもう古い スマホ世代のカメラ小僧』表紙

発行誌名 カメラ小僧の裏話11 パソコンなんてもう古い スマホ世代のカメラ小僧
発行年月日 2016年8月14日 コミックマーケット90 初版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 みちろう
誌面デザイン のの
イラスト 高崎かりん、どっこいしょ
概要  今回はスマートフォンの普及に伴うカメラ小僧の活動形態の変化がテーマ。 今世紀初頭にはデジタルカメラとパソコンを活用する「デジタルカメコ」が台頭し、 旧世代である「フィルムカメコ」が隅に追いやられました。 今度はスマートデバイスとSNSを駆使する「スマートカメコ」が「デジタルカメコ」を隅に追いやる番ということで、 そのパラダイムシフトに焦点を当ててみました。
 近年のモデル撮影会やコスプレ撮影を眺めていると、撮影した写真はその日のうちにSNSにアップされ、 瞬発的に「いいね!」を集め、その後タイムラインの彼方に埋もれていく、という刹那的な消費を繰り返している様です。 撮影直後にネット上に投稿出来ない通常のデジタルカメラや、 編集・記録・蓄積という役目を担う既存のパソコンは「今風の写真の使われ方」から掛け離れており、 役に立たないものとして次第に使われなくなっているのが現状です。
 時代は常に移り変わり、パラダイムシフトは否応なく発生します。 それが何を意味するのか、その変革によって今後何が起こるのか、改めて「写真とは何か?」を考察する一冊です。
目次 はじめに
目次
Chapter.1 今はスマートデバイスの時代
Chapter.2 パソコン世代のデジタルカメコとスマホの関係
Chapter.3 最初からスマホを触ってきた人たち
Chapter.4 スマホで二極化していくカメラ小僧
Chapter.5 繰り返されてきた「知識の断絶」という歴史
Chapter.6 その写真、将来消えちゃいますよ
おわりに
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・オフセット誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C90発行 『撮影技術の基礎知識 Vol.3 準備号』
(※こちらは絶版となります)
『撮影技術の基礎知識 Vol.3 準備号』表紙

発行誌名 撮影技術の基礎知識 Vol.3 準備号
発行年月日 2016年8月14日 コミックマーケット90 初版
以下絶版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 のの
誌面デザイン のの
概要  C89で配布した「撮影技術の基礎知識 Vol.2」の続編にあたるものです。 普通の写真入門書には書かれていないような「撮影の考え方」を中心とした技術解説の評論文。 三部作の完結編となる今回は「出力について」がテーマ。
 写真は様々な形で出力され、人の目に触れる。 インクジェット、銀塩プリント、スライドフィルム、網点印刷、パソコンモニタ、テレビ、スマホ、iPad、Androidタブレット。 それぞれの出力先に最適な写真データのあり方、撮影の仕方が存在する。その基本を解説する(予定です)。 カメラの使い方そのものではなく、現在は伝承されなくなってしまった写真論をまとめたもの。
 準備号では前半の一部を掲載しています。
目次 はじめに
第七章 写真の鑑賞形態を考える
  ・撮影時に決定しておかなければならないこと
  ・テレビやPCの画面で鑑賞する
  ・iPadやAndroidPad等で鑑賞する場合
  ・プリントして鑑賞する
奥付
頒布形態 A5サイズ・8ページ・コピー誌
頒布価格 無料配布
C89発行 『撮影技術の基礎知識 Vol.2』
『撮影技術の基礎知識 Vol.2』表紙

発行誌名 撮影技術の基礎知識 Vol.2
発行年月日 2015年12月31日 コミックマーケット89 初版
2016年5月1日 第二版
2017年2月1日 第三版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 のの
誌面デザイン のの
概要  C86で配布した「撮影技術の基礎知識 Vol.1」の続編にあたるものです。 普通の写真入門書には書かれていないような「撮影の考え方」を中心とした技術解説の評論文。 前回の作図理論(構図)、被写界深度とピントとボケに続き、今回のテーマは「光」。 絵画の理論から継承された光と色の考え方、影で質感表現するとはどういうことか、 露出やライティングはどのような意図で使いこなすべきか等、カメラの使い方そのものではなく、 現在は伝承されなくなってしまった写真論をまとめたもの。
目次 はじめに
目次
第三章 写真とは光を用いた絵画である
  ・まず、写真を定義してみよう
  ・露出とかライティングを学ぶ前に質感描写について学ぼう!
  ・写真界で質感描写が忌避されてきた理由とは?
  ・質感描写についての現状は?
第四章 質感描写
  ・質感描写とは?
  ・質感描写と光の濃淡
  ・モノクロの質感描写
  ・調子と影・硬調、軟調、強い影、弱い影
  ・明暗比3対7の法則
  ・白黒用フィルター
  ・アンセル=アダムスのゾーンシステム
  ・カラーの質感描写
  ・色のイメージ追求の方向性
  ・輝度
  ・ヒストグラム
  ・カラーでのゾーンシステム
  ・色温度変換フィルターとホワイトバランス
  ・色補正フィルターとカラーバランス
  ・PLフィルター
  ・6対3対1の法則
  ・写真の質感表現と色彩学
  ・マンセル・システム
  ・色相&トーンシステム
  ・色相配色/トーン配色
  ・単色配色系と2色配色系と3色配色系と5色配色系について
  ・色彩学についての参考書籍
  ・質感表現のまとめ
第五章 露出
  ・前章を踏まえて露出を考える
  ・一般的な見解としての露出とは?
  ・写真において光をどう考えるか
  ・光の質と演色性
  ・露光に必要な光量を確保するための光
  ・質感表現上必要な影を作るための光
  ・ここまで踏まえて初めて露出を語ることができる
第六章 ライティング
  ・実は凄くわかりやすい解説が存在する
  ・持続光源と瞬間光源
  ・ストロボとは?
  ・ストロボと環境光による露光
  ・ストロボは広めの面光源に変換して使う
  ・光源の選択
  ・ともかく、まずレフ板を使いこなせるようになろう
  ・ライティングで注意すべきこと
おわりに
参考文献
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・オフセット誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C88発行 『カメラ小僧の裏話10 エロコスプレROMサークルの闇』
『カメラ小僧の裏話10 エロコスプレROMサークルの闇』表紙

発行誌名 カメラ小僧の裏話10 エロコスプレROMサークルの闇
発行年月日 2015年8月14日 コミックマーケット88 初版
2016年5月1日 第二版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 みちろう
誌面デザイン のの
イラスト 高崎かりん、どっこいしょ
概要  記念すべきカメラ小僧の裏話シリーズ第10巻です。 本書は「エロコスプレROMサークルの闇」ということで、 男性向けの18禁コスプレ写真集や動画コンテンツを発表しているサークルについての評論です。 10年前には十数件程度だったエロコスプレROMサークルですが、その数は年を追う毎に倍々に増えていき、 現在ではコミケの外側、コスホリックをはじめとするコスプレ専門の即売会や、 ダウンロード販売サイトでの展開など、全体数が把握出来ない程の規模となりました。 つい5年程前には過激な表現やその販売手法に批判も集まりましたが、 コミケとコスホリック等との棲み分けも進み、その後トラブルなく順調に推移しているように見えます。
 しかし、それは「コミケ参加者の立場からして見れば、そのように見える」というだけの話であり、 実際に内部で抱えている根本的な「闇」の部分は何も解決していません。法的には何も問題がない。 誰にも迷惑が掛かっていない。それなら何をやったって自由ではないか、というのはまったくその通りですが、 それでもどこか「モヤモヤする」感覚は誰しもが感じているところではないでしょうか? 本書では言葉にしにくかったその「モヤモヤ」を言語化してみました。
目次 はじめに
目次
Chapter.1 なーんかモヤモヤするんだよね
Chapter.2 個人がエッチな写真を公開する文化
Chapter.3 承認欲求というモンスター
Chapter.4 コスホリックの功罪
Chapter.5 闇は最初から「そこ」にある
おわりに
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・オフセット誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C88発行 『撮影技術の基礎知識 Vol.2 準備号』
(※こちらは絶版となります)
『撮影技術の基礎知識 Vol.2 準備号』表紙

発行誌名 撮影技術の基礎知識 Vol.2 準備号
発行年月日 2015年8月14日 コミックマーケット88 初版
以下絶版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 のの
誌面デザイン のの
概要  C86で配布した「撮影技術の基礎知識 Vol.1」の続編にあたるものの準備号です。 普通の写真入門書には書かれていないような「撮影の考え方」を中心とした技術解説の評論文。 前回の作図理論(構図)、被写界深度とピントとボケに続き、今回のテーマは「光」。 絵画の理論から継承された光と色の考え方、影で質感表現するとはどういうことか、 露出やライティングはどのような意図で使いこなすべきか等、カメラの使い方そのものではなく、 現在は伝承されなくなってしまった写真論をまとめる…予定だったもの。
 本書は冒頭にあたる第三章を収録しています。
目次 はじめに
第三章 写真撮影における光について考える
  ・まず、写真を定義してみよう
  ・露出とかライティングを学ぶ前に質感描写について学ぼう!
  ・写真界で質感描写が忌避されてきた理由とは?
  ・質感描写についての現状は?
奥付
頒布形態 A5サイズ・8ページ・コピー誌
頒布価格 無料配布
C87発行 『カメラ小僧の裏話9 撮影会におけるサークルクラッシャー』
『カメラ小僧の裏話9 撮影会におけるサークルクラッシャー』表紙

発行誌名 カメラ小僧の裏話9 撮影会におけるサークルクラッシャー
発行年月日 2014年12月30日 コミックマーケット87 初版
2016年5月1日 第二版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 みちろう
誌面デザイン のの
イラスト 高崎かりん、どっこいしょ
概要  本書は撮影会における人間関係の話がテーマです。 撮影会での人間関係崩壊パターンについて、実際にあったサークルクラッシュの話も織り交ぜながら、 撮影会におけるオタクサークル活動の文化的意味合いを解説する内容です。
 時が経てば自然と人間関係も変遷するもので、今も繋がりが残っている人もいれば、 紆余曲折があり関係が切れてしまった人もいます。 中には仲間内ですれ違いが生じ、数年と持たず早々に空中分解してしまった撮影会もあります。 今回は長期的な視点から「撮影会が完膚なきまでに消滅するまで」をありのままに書いてみました。
 クラッシュしようが、それを回避しようが、その戯れにはいつか「終わり」がやってくることとなります。 消滅しなかった場合についても、その後どうなっていったのかについても論じました。
 カメラ小僧として長年この界隈を眺めてきたからこそ見えてくる、サークルとしての撮影会のあり方と、 長期的な人間関係の機微を書くことで、現在行っている撮影会を含むオタクサークル活動の指針となるような本を目指しました。
目次 はじめに
目次
Chapter.1 気が付けば、誰もいなくなっていた
Chapter.2 サークルクラッシュのメカニズム
Chapter.3 撮影会におけるサークルクラッシュ
Chapter.4 実際にあった撮影会クラッシュ
Chapter.5 結論:サークルの賞味期限は10年である
おわりに
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・オフセット誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C86発行 『撮影技術の基礎知識 Vol.1』
『撮影技術の基礎知識 Vol.1』表紙

発行誌名 撮影技術の基礎知識 Vol.1
発行年月日 2014年8月17日 コミックマーケット86 初版
2015年8月14日 コミックマーケット88 第ニ版
2016年5月1日 第三版
2017年2月1日 第四版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 のの
誌面デザイン のの
図解・写真 のの
概要  C85で配布した「撮影技術の基礎知識 準備号」の完成版。 普通の写真入門書には書かれていないような「撮影の考え方」を中心とした内容です。 絵画から継承された作図の考え方、ピントを合わせるとはどういうことか、望遠や広角を使う意図とは何か等、 カメラの使い方そのものではなく、現在は伝承されなくなってしまった写真論をまとめました。
目次 はじめに
目次
序章 カメラを選ぶ前にすべき事と、そこから見えるもの
第一章 作図理論(構図)
  ・撮影フォーマット
  ・主題と背景
  ・主題の割合
  ・構図の定義
  ・主題をどのように表現するか?
  ・人物撮影において構図上留意しなければならないこと
  ・画角と撮影距離とアングルについて
  ・画角について
  ・カメラアングルについて
第二章 被写界深度とピントとブレを考える
  ・被写界深度とは?
  ・ピントはどこに合わせればいいのか?
  ・オートフォーカスを使う前にしておくこと
  ・ピンボケより手振れを疑おう
  ・三脚はどういうときに使うのか?
  ・どの程度撮影し続ければ撮影は上達するのでしょう?
おわりに
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・オフセット誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C86発行 『カメラ小僧の裏話8 キヤノン教とニコン党 不毛なカメラ宗教戦争』
『カメラ小僧の裏話8 キヤノン教とニコン党 不毛なカメラ宗教戦争』表紙

※本書に関しての補足
 一件訂正とお詫びがあります。 本書の17ページにあるミノルタのα-7000の解説について、読者の方からご指摘を頂戴しました。 本書では「ミノルタはレンズ側にモーターを搭載することで、速度や精度を人間のマニュアル操作並に高めたのである。」 という記述をしましたが、正しくは「オートフォーカス用にレンズシステムを刷新したことによる性能向上」でした。 訂正してお詫び申し上げます。情報ありがとうございました。

発行誌名 カメラ小僧の裏話8 キヤノン教とニコン党 不毛なカメラ宗教戦争
発行年月日 2014年8月17日 コミックマーケット86 初版
2015年8月14日 コミックマーケット88 第ニ版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 みちろう
誌面デザイン のの
イラスト 高崎かりん、どっこいしょ
概要  今回はカメラにおける宗教の話。ネットでよく見かける「どちらのカメラが優れているか」論争。 特にキヤノンとニコンについては近年舌鋒が鋭くなっています。何故カメラが宗教になるのか、その心理はどこから来るのか、 それらについて歴史的経緯を振り返りながら、現在の宗教的対立を分析する内容です。
目次 はじめに
目次
Chapter.1 カメラを取り巻く狂信者たち
Chapter.2 そもそもユーザーの対立はどう生まれてきたか
Chapter.3 性質が変化したデジタル世代の宗教戦争
Chapter.4 消費者心理と脆弱な自尊心が宗教を生む
Chapter.5 何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ
おわりに
参考文献
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・オフセット誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C85発行 『撮影技術の基礎知識 準備号』
(※こちらは絶版となります)
『撮影技術の基礎知識 準備号』表紙

発行誌名 撮影技術の基礎知識 準備号
発行年月日 2013年12月31日 コミックマーケット85 初版
以下絶版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 のの
誌面デザイン のの、みちろう
図解 のの
概要  「カメラ小僧の裏話7」に対応する真面目な写真論を、当サークルの編集担当であるののが執筆しました。 普通の写真入門書には書かれていないような「撮影の考え方」を中心とした、技術的な内容です。
 全部で第六章までの構成の予定ですが、今回は執筆の都合上、第一章の途中までを掲載しています。 今回の目次の他に、下記に全章の構成を載せておきます。
 コミケ会場限定のフリーペーパーのため、現地配布のみとなります。
目次 はじめに
目次
序章 カメラを選ぶ前にすべき事と、そこから見えるもの
第一章 作図理論(構図)
  ・撮影フォーマット
  ・主題と背景
  ・構図
  ・画角と焦点距離
既刊紹介
奥付

完成時の目次(予定)
はじめに
目次
序章 カメラを選ぶ前にすべき事と、そこから見えるもの
第一章 作図理論(構図)
第二章 ピント
第三章 主題の明るさと背景の明るさを考える
第四章 露出
第五章 ホワイトバランス
第六章 AdobeRGB と sRGB と CMYK
おわりに
奥付
頒布形態 A5サイズ・20ページ・コピー誌
頒布価格 無料配布
C85発行 『カメラ小僧の裏話7 コスプレ撮影者が綺麗に撮れない理由』
『カメラ小僧の裏話7 コスプレ撮影者が綺麗に撮れない理由』表紙

発行誌名 カメラ小僧の裏話7 コスプレ撮影者が綺麗に撮れない理由
発行年月日 2013年12月31日 コミックマーケット85 初版
2014年8月17日 コミックマーケット86 第二版
2016年5月1日 第三版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 みちろう
誌面デザイン のの
イラスト 高崎かりん、どっこいしょ
概要  当サークル初のカメラ小僧「入門書」。C84で準備号だったものの完成版となります。 これからカメラを持つ人に向けて、当サークルだからこそ伝えられるメッセージ、アドバイスとは何かを論じた内容です。 「どうして綺麗に撮れない人が多いのか」「綺麗に撮るためにはどう考えたらいいのか」「要するにどのカメラを買えばいいのか」 という謎に対して、本質的な内容に迫ります。いつも通り、一部の人に対して強烈に痛い本に仕上がりました(汗。
目次 はじめに
目次
Chapter.1 これからカメラを持つ人へ
Chapter.2 才能という言葉に惑わされるな
Chapter.3 どう考えれば綺麗に撮れるのか
Chapter.4 男には自分の世界がある
Chapter.5 間違いなのは知ってる!でも変われないんだ!
Chapter.6 あなたのカメコライフに幸あれ
おわりに
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・オフセット誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C84発行 『アドベンチャーゲームの黄昏 剣乃ゆきひろ追悼本』
『アドベンチャーゲームの黄昏 剣乃ゆきひろ追悼本』表紙

※本書に関しての補足
一件訂正とお詫びがあります。 本文9〜10ページに「2013年現在、ゲーム内で自由にタイムリープ出来る唯一の作品」という記述をしましたが、 後ほど「ゲームソフト開発会社『自転車創業』の『ANOSシリーズ』もゲーム内で自由にタイムリープ出来るため、この記述は誤りである」との指摘を受けました。 こちらの調査不足でした。訂正してお詫び申し上げます。第二版以降で訂正を反映させて頂きます。

発行誌名 アドベンチャーゲームの黄昏 剣乃ゆきひろ追悼本
発行年月日 2013年8月11日 コミックマーケット84 初版
ジャンル ゲーム(その他)、評論・情報
執筆 みちろう
誌面デザイン のの
イラスト 高崎かりん、どっこいしょ
概要  番外企画本の剣乃ゆきひろ(菅野ひろゆき)追悼本です。 『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』をはじめとする剣乃三部作にまつわる伝説と、 独立後「菅野ひろゆき」としての活動のダメっぷりについて、その栄光と凋落の歴史をユーザーの視点で振り返りました。 公式追悼本『菅野ひろゆきメモリアル -Device to the skies-トリビュートブック』には書かれていないことにも敢えてスポットを当て、 改めて「剣乃ゆきひろとは何だったのか?」を論じた、我ながら行き過ぎた愛に溢れた本になりました。
 おまけページとして、今から『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』をWindowsパソコンで遊ぶための手順も掲載しました。
目次 序 「剣乃ゆきひろ」という幻想
目次
第一部 俺は剣乃が世界一と信じているんだ‥
第二部 地に墮ちた「剣乃」ブランド
第三部 「剣乃」なんてどこにもいなかったんだ‥
第四部 いまごろ幻想といわれても手おくれだ!
おわりに
おまけ YU-NOを楽しむ方法あれこれ
参考文献
奥付
頒布形態 A5サイズ・52ページ・オフセット誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C84発行 『カメラ小僧の裏話7 コスプレ撮影者が綺麗に撮れない理由 準備号』
(※こちらは絶版となります)
『カメラ小僧の裏話7 コスプレ撮影者が綺麗に撮れない理由 準備号』表紙

発行誌名 カメラ小僧の裏話7 コスプレ撮影者が綺麗に撮れない理由 準備号
発行年月日 2013年8月11日 コミックマーケット84 初版
以下絶版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 みちろう
誌面デザイン のの
イラスト 高崎かりん、どっこいしょ
概要  本来発行予定だった『カメラ小僧の裏話7 コスプレ撮影者が綺麗に撮れない理由』の準備号。 カメラ初心者向けの本として、一般のカメラ入門書には書かれていない「落とし穴」をテーマにした裏話7の冒頭部分を載せた短い評論本。
 後半は過去5年間のサークル活動を振り返ってのよもやま話を掲載しました。コミケ会場限定配布のフリーペーパーです。
目次 ごめんなさい、新刊落ちました。
Chapter.1 これからカメラを持つ人へ
Chapter.2 カメラ小僧デビュー失敗パターン
サークル活動5年目を迎えて…
奥付
頒布形態 A5サイズ・16ページ・コピー誌
頒布価格 無料配布
C83発行 『我が生涯は一遍に台無し 女装男子研究本3』
『我が生涯は一遍に台無し 女装男子研究本3』表紙

発行誌名 我が生涯は一遍に台無し 女装男子研究本3
発行年月日 2012年12月31日 コミックマーケット83 初版
ジャンル 評論・情報(体験談)
執筆 みちろう
誌面デザイン のの
イラスト 高崎かりん
概要  女装を始めて3年が経った。 ここまで女装を続けてきた(続けてきてしまった)結果どうなったか、 今はどんなことをやっているか(やめられなくなっているか)を面白可笑しくまとめた女装男子エッセイ第3弾。
 第2巻以降で新たに挑戦したことや、起こったこと、判明したことなどを当事者視点で書いていく。 女装に役に立つ文章というよりは、筆者の魂をそのまま叩き込んだ文章であり、本当に最後まで勢いだけで書いた一冊。 本書を読めば、女装によってどのように人生が行き詰まるかを如実に知ることが出来るでしょう(終。
目次 はじめに
目次
あれから3年が経ちました
女装をやっていていろいろ良かったこと
デブは醜いよデブは醜いよ!大事なことなので2回(略
おっぱいとチンコ
とにかく衣装から始まる
エステサロンに行ってみた
もう一度女装サロンに行きました
自己催眠をかけて女体化してみよう
女装コスプレイヤーも盗撮に気を付けよう
全国紙の女性記者から取材の打診がきました
このままではいけない!そんなことは分かっている!
おわりに
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・オフセット誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C82発行 『カメラ小僧の裏話6 ネトアとレイヤー 水と油の関係』
『カメラ小僧の裏話6 ネトアとレイヤー 水と油の関係』表紙

※本書に関しての補足
本書で言及している駄チワワ氏ご本人から、ブログにてご紹介と推薦を頂きました。
同人誌「カメラ小僧の裏話」を推薦します! : 駄チワワ:旅と怪獣舎
 リンク先のコメントにもあります通り、 本書では駄チワワ氏の文章の意図を深読みし過ぎていた部分がありました。
 筆者としても本書と駄チワワ氏の文章は補完関係にあると考えております。 駄チワワ氏による、コスプレROM写真集の問題点やコスプレ文化ついての文章は、単行本『 コミケの教科書 』の特別寄稿にまとめられています。是非こちらもお手に取って頂ければと思います。

発行誌名 カメラ小僧の裏話6 ネトアとレイヤー 水と油の関係
発行年月日 2012年8月12日 コミックマーケット82 初版
2012年12月31日 コミックマーケット83 第二版
2015年8月14日 コミックマーケット88 第三版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 みちろう
誌面デザイン のの
イラスト 高崎かりん、どっこいしょ
概要  ここ数年コミケの中で特に問題として取り上げられてきたコスプレROM写真集。 そしてコスプレイヤーの間でもすれ違いが多くなってきている撮影マナーの悪化や、人気ランキング、コスプレショーの存在など、 近年「何かがおかしい」「でも何がおかしいのか分からない」という状況がコスプレ文化の中で起こってきている。
 その根底には何が起こっているのか、コスプレ文化がどう変化してきたのか、どう「意図的に」変えられてきたのか、 内側からの視点では見えない「伏せられた歴史」にスポットを当てた作品。
 今は死語となってしまった「ネットアイドル」の系譜をヒントに、現在のコスプレ文化の全容を解明する。
目次 はじめに
目次
Chapter.1 有名になりたいコスプレイヤーの出現
Chapter.2 コミケの外で生まれたネットアイドル文化
Chapter.3 異なる二つの文化はなぜ混ざったのか
Chapter.4 お互いのノウハウの輸出入現象
Chapter.5 分離も融合も不可能に決まってるじゃないか
おわりに
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・オフセット誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C81発行 『カメラ小僧の裏話5 僕がMになったワケ』
『カメラ小僧の裏話5 僕がMになったワケ』表紙

発行誌名 カメラ小僧の裏話5 僕がMになったワケ
発行年月日 2011年12月31日 コミックマーケット81 初版
2013年8月11日 コミックマーケット84 第二版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 みちろう
誌面デザイン のの
イラスト 高崎かりん
概要  M属性を持つカメラ小僧がどのようにして生まれてくるのか、がこの本のテーマ。
 撮らせてくれる可愛い女の子の気を引きたくて、なんでも言うこと聞いてしまうカメラ小僧が少なからず存在する。 何故そのような痛い人が大量に出てくるのか、その背景に迫る一品。
 直感的にわかりやすくするため、今回は前半が「M属性を持つカメラ小僧」の視点からの私小説のような文体、 後半が評論文となっており、裏話シリーズの中ではやや異色作である。
目次 はじめに
目次
Chapter.1 カノジョなんてまだ早いと思ってた
Chapter.2 キミがいることで、自分の存在を感じられる
Chapter.3 僕は、いつだって、馬鹿で、身勝手だった
Chapter.4 そしてM属性だけが残った
おわりに
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・オフセット誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C80発行 『カメラ小僧の裏話4 まともで上手いカメラマンの捕まえ方』
『カメラ小僧の裏話4 まともで上手いカメラマンの捕まえ方』表紙

発行誌名 カメラ小僧の裏話4 まともで上手いカメラマンの捕まえ方
発行年月日 2011年8月14日 コミックマーケット80 初版
2013年8月11日 コミックマーケット84 第二版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 みちろう、のの
誌面デザイン のの
イラスト 高崎かりん、どっこいしょ
概要  コスプレ初心者の女の子の立場から「キレイな写真を撮ってくれるカメラマン」と"安全に"知り合う方法をまとめたもの。
 コスプレを始めたばかりの女の子にとって、キレイな写真を手に入れる=キレイに撮ってくれる人と知り合うことがまず最初の難関になる。そこで撮影者の立場から「どういうときに初心者のコスプレイヤーと知り合ったか」を振り返り、「ぶっちゃけ美人しか撮らないよね」「結構騙されてる人は騙されてるよね」という身も蓋もない話を前提に、じゃあどうすればまともな撮影協力者をゲット出来るのか論じた一品。
目次 はじめに
Chapter.1 ゴミクズ以外のカメラマンがいない!
Chapter.2 コスプレはキャバクラ社会である
Chapter.3 人気ヒエラルキーのトップを目指そう!
Chapter.4 捕まらないなら子飼いにすればいいじゃない
おわりに
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・オフセット誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C79発行 『カメラ小僧の裏話3 コスプレ界のマナーvsマナー 〜正しいのはオレだ!〜』
『カメラ小僧の裏話3 コスプレ界のマナーvsマナー 〜正しいのはオレだ!〜』表紙

発行誌名 カメラ小僧の裏話3 コスプレ界のマナーvsマナー 〜正しいのはオレだ!〜
発行年月日 2010年12月31日 コミックマーケット79 初版
2011年12月31日 コミックマーケット81 第二版
2012年12月31日 コミックマーケット83 第三版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆 みちろう
誌面デザイン のの
イラスト 高崎かりん(表紙)、どっこいしょ(本文)
概要 夏コミで準備号となった『カメラ小僧の裏話3』の完全版です。コスプレ文化のなかでの様々な思想的な対立とその背景について、歴史的な経緯も踏まえて「なんでこんなに空気が悪いのか」を解説した社会学的な内容の本となります。ちなみに裏表紙ではアリスがマスパでぶっ飛ばされています(汗。
目次 はじめに
Chapter.1 コスプレ空間の中の「違和感」
Chapter.2 群がるカメラ小僧、群がらないカメラ小僧
Chapter.3 原作を知らずにコスプレするイナゴレイヤー
Chapter.4 18禁コスプレ写真集とエロ上等!の女の子
Chapter.5 公共の場でのコスプレパフォーマンスはアリ?ナシ?
Chapter.6 女の子だけのクローズド活動とマナーの流動性
Chapter.7 いくら言っても話の通じないカメラ小僧の存在
Chapter.8 「違和感」の背景にある要素は何か
Chapter.9 どうしてコスプレ文化に「すれ違い」が多いか
おわりに
参考文献
スペシャルサンクス
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・コピー誌(第三版からオフセット誌)
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C79発行 『俺の女装がこんなに可愛いわけがない 〜女装男子研究本2〜』
『俺の女装がこんなに可愛いわけがない 〜女装男子研究本2〜』表紙

発行誌名 俺の女装がこんなに可愛いわけがない 〜女装男子研究本2〜
発行年月日 2010年12月31日 コミックマーケット79 初版
2011年8月14日 コミックマーケット80 第二版
2012年12月31日 コミックマーケット83 第三版
ジャンル 評論・情報(体験談)
執筆・構成 みちろう
誌面デザイン のの
イラスト 高崎かりん
概要  夏コミで頒布した『誰 も 引 い て は な ら ぬ 〜女装男子研究本〜』の続編です。前回の本では「基礎理論を踏まえ、仮説を立て、仮説を証明する実験手順を作る」ところまでだとすると、今回の本では「実験結果の報告、考察と導き出せる結論、今後の展望」という内容になります。
 本来は続編を出すことは考えていなかったのですが、意外に好評を頂いたり『げんしけん二代目』の参考文献になったりと反響が大きかったこともあり後日談も含めてもう一冊出すことになりました。
 表紙は波戸賢二郎くんになります(汗。題字は納得いくまでクレヨンで何度も書き直して時間が掛かりました(ぉ。
目次 はじめに
夏コミ本番!──鮮烈な「男の娘」デビュー
みちろう的女装コスプレの基本プロセス
女装コスプレにかかったお金
女装男子からファンレターが届きました
女装コスプレ後の影響
メイクの可能性と限界
コスプレするキャラの演出と女性らしいしぐさについて
講談社から連絡が来てげんしけんに載りました
「こんな可愛い子が女の子のはずがない」が意味するもの
おわりに
訂正とお詫び
参考文献
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・コピー誌(第三版からオフセット誌)
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C78発行 『カメラ小僧の裏話3 〜ゴメンナサイ原稿落ちました準備号〜』
(※こちらは絶版となります)
『カメラ小僧の裏話3 〜ゴメンナサイ原稿落ちました準備号〜』表紙

発行誌名 カメラ小僧の裏話3 〜ゴメンナサイ原稿落ちました準備号〜
発行年月日 2010年8月15日 コミックマーケット78 初版
以下絶版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆・構成 みちろう
誌面デザイン なぎさわ神乃、のの
イラスト 高崎かりん
概要 本来発行予定だった新刊『カメラ小僧の裏話3 コスプレ界のマナーvsマナー 〜正しいのはオレだ!〜』の完成が間に合わなかったため、中間報告として導入部のみの文章を載せた無料配布本。『カメラ小僧から見たコスプレ文化』というテーマに基づき、現状の問題点を提示した短い評論文章。というかフリーペーパー。
目次 ご挨拶
Chapter.1 コスプレの歴史とマナー対立問題
Chapter.2 メカフェチ少年だったカメラ小僧の活動軌跡
Chapter.3 つまり…どういうことだってばよ?
あとがき
奥付
頒布形態 A5サイズ・12ページ・コピー誌
頒布価格 無料配布
C78発行 『誰 も 引 い て は な ら ぬ 〜女装男子研究本〜』
『誰 も 引 い て は な ら ぬ 〜女装男子研究本〜』表紙

発行誌名 誰 も 引 い て は な ら ぬ 〜女装男子研究本〜
発行年月日 2010年8月15日 コミックマーケット78 初版
2011年8月14日 コミックマーケット80 第二版
2012年12月31日 コミックマーケット83 第三版
ジャンル 評論・情報(体験談)
執筆・構成 みちろう
誌面デザイン のの
イラスト 高崎かりん
概要 普段は撮影者としてコスプレを撮る側の立場である人間が、サークル参加の話題作りのために女装コスプレで売り子をするまでを書いたエッセイ。生まれて初めてのコスプレ、生まれて初めての女装に対し、戸惑いながらも調べたり飛び込んだり実践したりした体験談をまとめた読み物。
目次 オトコの娘の世界へようこそ。出口はありません。(はじめに)
そもそもなんで女装コスプレしようと思ったか
で、女性に見えるためにあれこれ考えたこと
やりたいキャラで出来るコスを探したら魔理沙になった
3ヶ月で13kg痩せてしまったダイエット法
2回ほど病院送りになりました(泣。
『スカート』と『スネ毛』の組み合わせは女装の象徴…んなこたーない
生まれて初めて行った化粧品売り場
ボン!キュッ!ボン!のスリーサイズを攻略する
コスプレ買い出し紀行──中国とアメリカまで
メイクを覚えるため女装サロンに行きました
多くのイベントで女装が禁止されてる理由
性的倒錯した変態紳士たちによる本気の遊び場
トゥーランドット姫の滑稽さに思いを馳せる…。(おわりに)
参考文献
表紙解説
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・コピー誌(第三版からオフセット誌)
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C77発行 『カメラ小僧の裏話2 ─撮影コミュニティにおける男女関係─』
『カメラ小僧の裏話2 ─撮影コミュニティにおける男女関係─』表紙

発行誌名 カメラ小僧の裏話2 ─撮影コミュニティにおける男女関係─
発行年月日 2009年12月31日 コミックマーケット77 初版
2010年8月15日 コミックマーケット78 第二版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆・構成 みちろう
DTPデザイン なぎさわ神乃
イラスト 高崎かりん(表紙,本文)
どっこいしょ(棒人間)
概要 アマチュアカメラマン(カメラ小僧)とコスプレイヤー、撮影モデルなどで集まるサークル活動やコミュニティ形態における、分析と批評の文章。特に男性と女性が直接交流するこの空間で起こる悲喜こもごもにスポットを当て、男性・女性双方に痛々しい話を展開したコラム風読み物。
目次 はじめに
Chapter.1 序論 「カメラを構えるオトコ」と「華やかに着飾るオンナ」がいる空間
Chapter.2 裏話 コミュニケーションが一方通行な困った人たちの末路
Chapter.3 裏話 壁に向かって話しかけていることに気が付かない人たち
Chapter.4 裏話 付き合ってはいないけど、いつも一緒の男女二人組──グレーゾーン関係
Chapter.5 裏話 二人が結ばれるとき──ハッピーエンドの条件は?
Chapter.6 考察 男女関係のドロドロ力学と人間関係崩壊理論
Chapter.7 結論 まぁ、みんな痛々しいままでいいんでね?
おわりに
奥付
頒布形態 A5サイズ・44ページ・コピー誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
C76発行 『カメラ小僧の裏話』
『カメラ小僧の裏話』表紙

発行誌名カメラ小僧の裏話・改
(※C76申込時はタイトルに「・改」を付けていましたが、 無印版はお蔵入りしたので「・改」は削りました。)
発行年月日 2009年8月16日 コミックマーケット76 初版
2009年12月31日 コミックマーケット77 第二版
2010年8月15日 コミックマーケット78 第三版
ジャンル 評論・情報(批評)
執筆・構成 みちろう、他
DTPデザイン なぎさわ神乃
イラスト 高崎かりん(表紙)
どっこいしょ(本文)
概要 アマチュアカメラマン(カメラ小僧)とコスプレイヤー、撮影モデルなどで集まるサークル活動やコミュニティ形態における、分析と批評の文章。コスプレ写真集制作やコスプレ撮影会の実情と問題点の批評。女性ポートレート撮影をする人への手引きとアドバイスなどで作るコラム風読み物。
目次 はじめに
Chapter.1 撮影会ってどんなもの? (前編)
Chapter.2 撮影会ってどんなもの? (後編)
Chapter.3 カメラ小僧という人種 〜傾向と対策〜 (前編)
Chapter.4 カメラ小僧という人種 〜傾向と対策〜 (後編)
Chapter.5 (寄稿) なぜ「コスプレCD-ROM写真集」は微妙なのか?
おわりに
奥付
頒布形態 A5サイズ・52ページ・コピー誌
頒布価格 500円(COMIC ZINでの委託販売価格は771円となります)
Copyright(C)2008-2017 miti2.jp. All Rights Reserved.